アラフォー女性の体型の崩れを防ぎスタイルを維持!

なぜアラフォーになると体型が崩れるの?

「お肌の曲がり角」はよく聞く言葉ですが、
体型の曲がり角」をご存じでしょうか?

 

一般的に「体型の曲がり角」は38歳ごろに訪れると
言われています。

 

30代後半といえばとても忙しい時期ですよね。

 

家事や育児に追われ、その合間をぬってパートして立ちっぱなし。

 

そんな忙しい中、がんばって運動をしているのに痩せない・・・。
そしてどんどん崩れていくスタイル・・・。

 

なんていうことが起きてしまうのです。

 

体型が崩れるのは曲がり角だから仕方ないか・・・

 

なんて諦められるはずもないですよね。

 

事実、年をとってもスタイルを維持している人がいっぱいいます。

 

では、どうすればスタイルを維持できるのでしょう?


スタイルを維持する4つの習慣

アラフォーになってもアラフィフになっても、ずっとキレイでいたい!

 

その願をかなえるためには、日々の習慣が大切になります。

 

キレイを維持するために必要な4つの習慣を記載していきますね。

 

代謝を落とさない

基礎代謝は年齢とともに落ちていきます

 

そうなると、太りやすく痩せにくい体になってしまうんですね。

 

どのくらい変化するかといいますと、
日本人女性のざっくりとした平均身長・平均体重で計算すると、

 

  • 身長:159cm
  • 体重:52kg
  • 20歳:1,334kカロリー
  • 30歳:1,291kカロリー
  • 40歳:1,247kカロリー

となっています。

 

20歳と40歳で、87kカロリーの違いが出てしまうんですね。

 

「なんだ、それくらいたいしたことないじゃん?」

 

と思ったかもしれませんが、これが1年になるとどうでしょう。

 

1年間で、31,755kカロリーも差が出てしまうんです。

 

脂肪を1kg落とすのに7,000kカロリーといわれていますから、
1年間で、脂肪が4〜5kg余分についてしまう計算になるんですね。

 

では、代謝を落とさないためにはどうすれば良いのでしょう。

 

いろいろな方法があるのですが、大事なこととして、

 

 

体を冷やさない

体が冷えてしまうと、血流が悪くなり、代謝も悪くなってしまいます。

 

野菜はなるべく温野菜を食べるなど工夫をして、体を冷やさないようにしましょう。

 

筋肉をつける

 

筋肉をつけることで代謝をアップさせることができます。

 

また、次の項目でも記載していますが、アウターマッスル(腹筋や背筋)よりも、インナーマッスル(横隔膜、腹横筋など)をつけることを意識してみましょう。

 

体幹の筋肉を鍛える

体幹とは、簡単にいうと胴体のことです。

 

当然ですが、筋肉と骨に分かれます。

 

大事なのは体幹の筋肉を鍛えることで、体幹の筋肉には2種類あります。

 

  • アウターマッスル(腹筋や背筋)
  • インナーマッスル(横隔膜、腹横筋など)

 

この2つのうち、さらに大事なのが、インナーマッスルです。

 

インナーマッスルが弱ってしまいますと、腕や肩の筋肉が引っ張られてしまいます。

 

そのため、無駄に腕や肩や背中に肉がついてしまうんですね。

 

おばさん体型というと、なんとなく大きな背中と丸い肩をイメージしませんか?

 

それは、インナーマッスルが弱っているからなんですね。

 

インナーマッスルが弱ってしまうと、スタイルの崩れ、おばさん体型まっしぐらになってしまいます。

 

インナーマッスルを鍛えるには、いろいろな方法があるのですが、簡単な方法としては、

 

歩き方に注意する

 

小股に歩くのではなく、少しスライドを大きくして歩いてみてください。

 

それによって、腸腰筋という足の付け根の筋肉が鍛えられます。

 

モデル歩きは、足を痛める原因になりかねないので、そこまではしなくて大丈夫です。

 

これにより、ヒップアップ効果も期待できます。

 

これ以外の方法については、別記事に記載しようと思います。

 

姿勢を良くする

猫背になったり、足を組んだりしていると、血流が悪くなり、代謝も弱くなってしまいます。

 

結果として余分なところにお肉がついてしまう原因になるんですね。

 

また、インナーマッスルにも悪影響をおよぼします。

 

インナーマッスルも筋肉ですから、使われないとドンドン弱っていってしまいます。

 

猫背で小股で歩いていると、腸腰筋が弱ってしまい、お尻がたれてしまう原因になりかねません。

 

姿勢を正しくする

 

背筋を伸ばし、姿勢正しく生活をすることで、自然とインナーマッスルも鍛えられます

 

また、血流が良くなることで、代謝アップも期待できます。

 

なにより、姿勢が正しい女性って美しいですよね。

 

食事のバランスを整える

以外と軽視しがちですが、コレ、非常に大事です。

 

「うちはちゃんと栄養バランスを考えて食事作っているから大丈夫」

 

と言われるかもしれません。

 

しかし、本当にそうでしょうか?

 

昔に比べて基礎代謝が落ちていることは先に記載したとおりです。

 

そのため、昔と同じ食生活をしていると、ドンドン太ってしまうわけですね。

 

とはいえ、一家そろって食事をしているのに、自分だけ別メニューというわけにもいきません。

 

そこで、脂肪や糖分の吸収をおさえてくれる働きをもつ栄養素が必要になります。

 

また、筋肉をつけるのが重要であることは、これまでに記載したとおりなのですが、筋肉をつけるにも必要な栄養素があります。

 

そのため、

 

食事に気をつける!

体を冷やさず、筋肉をつけるのに必要なたんぱく質や炭水化物などをしっかり摂りつつ、脂肪や糖の吸収を防ぐ。

 

加えて、代謝をうながし、脂肪を燃やしてくれるアミノ酸も多く摂る必要があります。

 

アミノ酸は、大豆に多く含まれていますので、朝に納豆を食べる習慣をつけると良いかもしれませんね。


食生活の改善にはスムージーが有効

カラダを冷やさないことや歩き方、姿勢はなんとかなりそうだけど、食事までは手が回らない・・・。

 

やっぱり家族一緒にご飯を食べたいし、家事や育児で手いっぱい・・・。

 

そんなあなたにオススメなのが、グリーンスムージーAMINOです。

 

このスムージーによって、食事の悩みは解決できます。

 

 

  • 難消化性デキストリン(トクホ認定)によって、脂肪や糖分の吸収を制限
  •  

  • アミノ酸の効果で、筋肉を作るのを手助けし、脂肪燃焼を促進。また、皮膚再生の効果がありますので、シワやたるみの防止・改善により若返り効果も期待できます
  •  

  • マルトデキストリンによって、筋肉に必要な炭水化物を高速吸収
  •  

  • カロリーはわずか55kカロリーですので、食後に摂っても大丈夫
  •  

  • 不足しがちなビタミンや酵素、食物繊維が配合されていますので、美肌効果
  •  

  • 腹もちが抜群ですので、忙しいお昼に昼飯代わりに食べて、昼食の時間を短縮することもできます

 

 

 

あわただしく過ぎていくアラフォーの時間。

 

気が付いたら昔のスタイルとはほどとおい姿に・・・。

 

そんなことにならないよう、気をつけるべきところは気をつけて生活をしていきましょう。

 

そして、グリーンスムージーAMINOで、どんどんおばさん体型になっていく周りを横目に、いつまでも若々しいスタイルで。

 

どうやれば、そんなに若くいられるの?

 

そんなことを言われる自分を実現してみませんか?

 

 

と、大人気の「グリーンスムージーAMINO」ですが、2016年2月現在、販売休止になってしまっています。

 

そのほかにもアラフォー世代にオススメのスムージーはありますから、よろしければ以下の記事をご参照ください。

 

アラフォー世代にオススメのスムージーは?燃焼系スムージーで燃焼サポート!


補足

おすすめスムージーの体験談をご紹介!!

 

ベジエ スムージー

わたしとよりそうスムージー

ナチュラルヘルシースタンダード

代官山スムージー

 

ほかのスムージーと比べたい方はコチラから!

 

矢印スムージー 比較